2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.09.06 (Sat)

あひる的08夏旅行 有馬


旅 3日目は、有馬温泉でほっこりする日。

アヒル。『旅1日目』はこちらからアヒル。




三宮から路線バスに揺られて40分。

0829-1.jpg



 揺られるって、満員バスが結構狭い道の中、
 かなりのスピード走行。






そして無事、初めての有馬に到着。

とりあえず、重い荷物をどこかに置きたいので、宿の手続きへ直行。





気になる今夜のお宿は… 

0829-12.jpg


 小宿とうじ (3階)です。






なんと、ひとり素泊まりで4500円。
(ちなみに、有馬温泉の旅館は安くても15000円程度。)

食事なし、お風呂は館内になし、トイレは共同ですが、

名物温泉「金の湯」「銀の湯」に無料で入りたい放題。
宿の近くに気になるイタリアンも有。
トイレはもちろん、館内は掃除が行き届いてる …のでなんら問題なし。

ついでに、チェックアウトは12:00。
みんながいそいそと出発しなければいけない時間に、のんびり起きて、
朝温泉に浴衣で行くことができます。 ちょっとオイシイマル秘






観光案内所で受付を済ませ、自分で鍵を開ける。
なんか不思議な感じ!






荷物を置いて、有馬散策スタート~跳ねる




POINT① 有馬サイダー

0829-3.jpg



 1番に探したのは、有馬サイダー!
 250円を握りしめ、冷えてる瓶と交換音符





ふむ。 栓をあけても「シュワ~」って言わない??
飲む。 かなり細かい泡が口の中で広がります!!

外で風にあたりながら、ちょこっとずつ飲むサイダーもなかなか良。
ちょこっとずつ有馬モードに切り替わっていく感じ。

0829-4.jpg 0829-5.jpg

ちなみに瓶はリサイクル。
あひる、このレトロなラベルがお気に入りの様子です。
地球に優しい有馬サイダーと、エコあひる。






POINT② 金の湯
金は、水中の鉄分が酸化した色。
だから、少量でもちゃんと金(黄土?)色です。

0829-14.jpg 0829-13.jpg

有馬一番の名湯には、地元の人、観光客が入れ替わり立ち替わり。
外には無料の「足湯」もあります。

設定温度は42℃が基本なので、熱め。
内湯のみです。



POINT③ 銀の湯
こちらは見慣れた透明色の温泉です。
浴槽の大きさは、金の湯と変わらないかな。

0829-6.jpg

お風呂のすぐ横に「サウナ」があります。
その代わり「足湯」はありませーん。

湯温は変わらず42℃で、内湯のみ。


あっ、銀の湯だけですが、靴箱に鍵をかける時100円要ります。
返却式だけど、入口で慌てないようにね…。



POINT④ イタリアンレストラン ポルコ
ここ。行きたかったんです。
というか、夜に「ポルコ」に行けるから「小宿とうじ」に最終決定した、ってな感じ。

だって、豚さん、かわいいもん。

0829-7.jpg










いや、それだけじゃないけど。




0905-2.jpg  0905-3.jpg  0905-1.jpg

でもやっぱり、有馬温泉→旅館で夕食→飲食店はランチ中心
って構図により、お昼で食材が切れてしまってたのもあるけど、
全体的にさっぱりとした味付けで、素材の味を大切にしてる優しいお料理でした。

お店のブログで、月ごとに合言葉があって、
「お会計時に言うと、人数分のソフトドリンク1杯無料」って書いてあったのですが、

恥ずかしくて言えませんでした。 残念。。。




POINT⑤ ごんそば

0829-8.jpg  0829-19.jpg

どーん
「そばモーニング」を注文。

ここは「小宿とうじ」の建物内1階にある、本格的な蕎麦屋さん。

0829-9.jpg


  朝からうってます。





0829-11.jpg

  あひる、初めて蕎麦を塩で食べました。
  今まで食べ方なんて、まったく知らなかったけど、
  蕎麦に自信がなければできない技だと思った次第。

  「ごんそば」さん、美味しい~。



おでんはしっかりとダシがしみ込んでいて、ほっこほこ。
蕎麦掻も3つ程入ってて、かなりのボリュームです。

温泉入ってから食べにきて正解。
起きてすぐにはとても食べ切れないほどですが、680円。








いくつか温泉地に行ったことはあるけど、
有馬は、地域全体の温かさを感じられる町だったように思います。

今回お世話になった「小宿とうじ」もそう。
観光案内所の方が、とっても丁寧に、感じよく、親切に対応してくれました。
館内でのサービスこそなかったけれど、手入れがされている部屋と、
浴衣やタオル等の温泉セットと、気持ちよく眠れる布団。
あひるには十分で、むしろ、予想以上に満足できたかな。




0905-5_20080906020519.jpg

 


 町並みは坂道や階段ばかりだけど、
  石畳の道は風情があって   …許す(苦笑)

 旅館に引きこもらないパターン、思わぬ収穫。















◆今回のあひる出没先◆
「小宿 とうじ」
住所:神戸市北区有馬町1019有馬の工房3階
電話:078-904-0708

「吉高屋」
住所:兵庫県神戸市北区有馬町259番地
電話:078-904-0154
営業時間:9:00~20:00
定休日:水曜日

「金の湯」
住所:兵庫県神戸市北区有馬町833
電話:078-904-0680
営業時間:8:00~22:00
定休日:第2・第4火曜日(祝日営業 翌日休)、元旦

「銀の湯」
住所:神戸市北区有馬町1039-1
電話:078-904-0256
営業時間:午前9時~午後9時
定休日:第1・第3火曜日(祝日営業 翌日休)、元旦

「イタリアン ポルコ」
住所:神戸市北区有馬町798TOY-SHOP ALIMALI 2階
電話:078-903-3040
営業時間:11:30~14:00(LO14:00)、18:00~22:00
定休日:水曜日

「全寿庵 ごんそば」
住所:神戸市北区有馬町1019有馬の工房1階
電話:078-903-5554
営業時間:9:30~17:30
定休日:火曜日






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行

EDIT  |  02:09  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

おはようさんです。
あひるちゃん、家鴨さん良い旅行しましたね。

温泉宿の食事も豪華だか何だかわかんないし、
家鴨さんのように自分で食事処を選ぶ。

今後の参考になりました、といってもうちは
旅行に行けるのだろうか?
kumapome |  2008.09.06(土) 10:05 |  URL |  【コメント編集】

●>kumapome様

そうなんです。
1泊2食の宿も、のんびりできて良いのですが、
今回みたいな選択肢も大いに有!かと思います。
だって、
 
 宿4500円+夜2800円+朝680円 =7980円!!!

クマポメさん家は、ネコちゃんとかたくさんいらっしゃるので、
1泊となると、なかなか難しいのでしょうか。。。
でも日帰り温泉とかありますよね~♪
家鴨 |  2008.09.06(土) 21:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。