2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.09.30 (Thu)

かがみのいけ


かがみよかがみ、世界で1番美しいのはだぁれ
…と 魔法の鏡に聞いたのは、白雪姫に出てくる あくどいお妃。






そんな不思議な力のある鏡に占ってもらうことができるのは、島根県にある八重垣神社。
ちなみに、鏡っていっても「鏡の池」なんだけどね。

かがみのいけ






お守り売場で、1枚の半紙っぽい紙を購入。
この紙、何か書いてある…。気になる気になる

かがみのいけ  かがみのいけ  










かがみのいけ

 境内の外へと続く、半紙を持った人たちの行列に続いて進むと、
 ひっそりと「鏡の池」が登場。

 美しさじゃなくて、縁結びの占いみたい



   かがみのいけ

 








かがみのいけ

 さっきの半紙に10円玉をのっけて池に浮かべ、
 15分以内で沈めば、早くに良縁が訪れるんだって

 かがみよかがみ… なんて言ってる余裕は、残念ながら無し。

 浮かび上がる言葉をじっと見つめながら、
 水が入って沈みはじめる瞬間を待ちます


 ステキな縁が訪れますように










かがみのいけ
 とりあえず、行く末を左右する占いを終えたところで、
 (↑過信注意。)
 やっぱりお腹が空いてきた

 島根といえば、出雲蕎麦
 松江城のお堀沿いにある「八雲庵」へ急ぎましょ。


   かがみのいけ







かがみのいけ

 注文したのは、カキアゲ割子。

 割子蕎麦って一見かなりボリューミーなので、
 「こんなに食べられないかも。」と思ってしまうけど、
 まったく問題なく、さらさらと食べてしまうのです。

















さて、腹ごしらえも終わり次に向かったところは「植田正治写真美術館」。

  かがみのいけ

 











そして、写真の奥深さに感銘を受けて撮った写真はこちら。
影響されやすく、その気になりやすい私たち。

  かがみのいけ


この写真、よく見るとおばあちゃんが木の下でカメラを持ってるところ。
大きな木と、きっと写真を撮るのが大好き小さなおばあちゃん。
植田正治さんの写真は、人間の表情や動きを大切にしたものが多かったように思えたので、
それに倣ったつもりだったけど…














素早く溶けようとする大山ソフトに必死で平らげたら、

かがみのいけ















ブルーベリー狩り、開始

かがみのいけ  かがみのいけ






かがみのいけ
 あえて閉園間際の夕方を狙って行ったのが、大正解
 日は落ちかけだから暑くないし(むしろ涼しいくらい!)、
 お客さんはいないからのんびり出来るし~

 「夕飯を食べなくていいくらい、たーくさん食べて帰ってね
 と言われたので、ただひたすら食べ続けたのでした。

 ブルーベリーって、こんなに大きくて甘いのかとびっくり

 持ち帰り用のパックにもつぶれそうなくらい押しこんで、
 日暮れに合わせて帰ります。











おうちにもブルーベリーの木があればいいのにな







スポンサーサイト

テーマ : ちょっと、お出かけ - ジャンル : 地域情報

EDIT  |  16:14  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.27 (Mon)

京都の旅、食物編。


京都には流しそうめんだけを食べに行ったんじゃありません
ってことで、そうめん話の、続編の、続編。





京都といえば、柳と街の中をさらさらと流れる川。

京都の旅、続編。

 



そして、抹茶とわらび餅のひんやりパフェ。

京都の旅、続編。




そんな贅沢な希望を叶えてくれるのは、こちら。

京都の旅、続編。

 ぎおんの入口にある、甘味どころ 小森さん。
 
 中に入ると奥へ長く広がり、こじんまりとした部屋でのんびりと
 味わうことができます。



 あひるとしては、パフェのはしごを企んでいたようだけど、
 お腹の余裕がなくなった為、あえなく断念…。







: なんかさぁ、ラーメン博物館にあるように「パフェハーフ」とかがあればいいのにね。

 …京都らしい品がなくなっちゃいそうだから、却下なんじゃないかな。















京都っていうとどうしても「和」のイメージが強いんだけど、ステキなマカロンのお店を発見。

京都の旅、続編。
 
 パティスリー・カナエ のお店は、
 ちょっと通りを入ったところ。
 シンプルだけどかわいい外観が目を引きます。


 ずらりと並ぶマカロン達のお出迎えに、にやり。











: パフェは無理そうだけど、マカロンならいけるも~ん

京都の旅、続編。   京都の旅、続編。


マカロンを使ったデザートや焼き菓子などなど、イートインできるのも嬉しいね
















京都の旅、続編。
 あひるにしては珍しく、行き当たりばったりだった今回の旅行。
 それにしては十分で、たくさんの発見があった旅となりました。


 完全に観光地化されている京都。
 訪れた人が満足できる空間が作られてるから
 “楽しかった旅行”となるのかな。

 ありのままの姿が見えにくくなっていることに
 ちょっとした疑問と、逆に物足りなさを感じてしまったのでした。
 
 あまりにきれいで快適な古都、京都。
 








 



テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

EDIT  |  20:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。